防音室にして趣味を思いっきり楽しもう|快適空間仕上げ

2種類の騒音を断つ技術

日常生活や楽器演奏などで発生する騒音には、空気中を伝わる音と固体を伝わってくる音の2種類があります。空気伝播音の騒音対策には二重窓や防音パネル・遮音シートが、固体伝播音対策には吸音材等の設置が有効です。事前にしっかりと騒音測定を行い、綿密な計算の上で騒音対策工事をしてくれる業者を選ぶといいでしょう。

防音材

防音室を作る利点

防音室を作ることで、周囲を気にせずに音楽を楽しむことができます。また、家としての資産価値も下がりにくいというメリットもあります。業者を選ぶ際には、しっかりと見積もりを行い、素材や適正価格などを把握しておきましょう。防音専門の業者に任せることが肝心です。

工事

工事の仕方を確認する

ドラムなどの楽器を自宅で演奏するのなら、防音工事をしておきましょう。そうすれば、周りに騒音被害として迷惑をかけることもありません。戸建てはもちろん、マンションでもできるようになっています。音を吸収するクッションのようなものを入れる工事です。

趣味を楽しむ自宅に変える

作業員

演奏を楽しみたい方に

楽器演奏が趣味の方は演奏することでストレス解消につながり、楽器を触る時間は長く取りたいですね。また、コンサートや発表会にご出演なさる方でしたら、会の前の練習はとても大切です。都市部では住宅が過密しており、楽器から奏でる音がご近所のご迷惑になることもあります。できるだけ長い時間練習したいと思っても、学校や仕事で帰りが遅く昼間にしかさわれないとなると演奏する時間が限られてしまいます。時間問わずに思う存分楽器に触れたらとご自宅に防音室があったら〜と憧れる方は少なくありません。実際、ギターが趣味のかたやバイオリンをなさる方でご自宅に防音室をお持ちの方がいます。しかし、防音室を持つとなると工事にどれくらいの費用がかかるのか、また、スペースはどれくらい必要なのかと心配もありますね。楽器演奏のみならず、オーディオや映像の鑑賞用としても防音室は役に立ちます。1畳程度の小型のBOXタイプもあり、比較的需要が高いです。BOXタイプを室内に設置する形となりますが少し狭くピアノなどの大型の楽器は難しいです。バイオリン、ギター、サックスフォンなどの手で持って演奏する小さめの楽器用となります。もし、ご自宅のスペースが許すのであれば少し大きめの防音室を設計すると使い勝手が良いかと思います。一つの部屋をまるごと防音室に工事してしまうと楽器の演奏や夜間の音楽鑑賞、映画鑑賞も心ゆくまで楽しむ事ができます。防音設計するお部屋のスペースや使用目的(演奏する楽器、音楽鑑賞、映画鑑賞など)に応じて設計プランを提案してもらえますので予算に合わせて希望を最大限に盛り込んだ防音室の設計が可能です。