防音室にして趣味を思いっきり楽しもう|快適空間仕上げ

工事の仕方を確認する

工事

マンションでも可能

自宅で楽器を演奏したい人は、近所に騒音の迷惑をかけないようにすることが第一条件です。つまり、防音工事をした方が無難です。例えば、ドラムのような騒音となりやすい楽器は、特に防音工事をしておいた方が安心です。まず、どんなふうに工事が行われるのか確認しておきましょう。もちろん、費用もかかります。依頼する業者によって違うので比較することも大切です。ドラムの演奏となると打楽器なので、力が入れば入るほど大きな音となります。マンションのような集合住宅なら、壁や床を伝って音がいろいろな方向に漏れていくものです。そのため、四方八方、防音工事をすることになります。その点、戸建ての場合はそれほど手間がかかりません。下の階がないので、周囲の壁だけ注意をすればいいからです。通常、壁と壁の間に音が漏れないような緩和剤を入れることになります。クッションのようなものを入れることで、音を吸収することができるのです。もちろん、すべての部屋に入れるとなると費用がかかるので、ドラムが置いてある部屋の壁だけに入れましょう。その部屋を演奏部屋にしてしまうのです。このような防音工事は、家を建ててからでもできます。マンションでもリフォーム時に防音工事をするというところが多くなってきています。ドラムを購入する前に、万全な防音工事をしておきましょう。また、防音工事をしておけば、その他の楽器を演奏する時にも周囲に気を遣うことはありません。