防音室にして趣味を思いっきり楽しもう|快適空間仕上げ

2種類の騒音を断つ技術

ウーマン

事前の騒音測定も重要

多くの住人が1つの建物の中で生活をしている集合住宅はもちろんのこと、一戸建て住宅でも生活環境によっては近隣や道路からの騒音に悩まされている例は少なくありません。小さな子供のいる家庭や楽器演奏を趣味としている人の場合は、逆に騒音で近隣に迷惑をかけているのではないかと心配になるものです。このような騒音にも窓や壁から室内に直接入り込む空気伝播音と、床や配管等を伝わって響いてくる固体伝播音の2種類があります。空気伝播音と固体伝播音では騒音対策も異なるため、防音工事を行う際には遮断すべき騒音の種類や強度を判定することも必要です。遮音カーテンや隙間テープなど自分でできる手軽なDIY騒音対策もありますが、本格的な防音工事は専門業者に頼らざるを得ません。防音工事を行うリフォーム業者では石膏ボード等を使った防音パネルや二重窓、遮音シートを設置して空気伝播音を防ぎます。固体伝播音の騒音対策としてはウレタン等の防音材やコルクマット・防振ゴムが多く使われており、階下に音が伝わるのを防止しているのです。このような防音工事に先立っては、想定される騒音の数値を機械で正確に測定する作業も欠かせません。優れた業者は高い精度を持つ騒音測定システムを保有しており、測定値と厳密な騒音計算に基づいた防音工事の設計を行っています。特に楽器演奏で発生する騒音を外に漏らさないことを目的とする工事では、音響学に関する高度な知識も求められるものです。防音工事を行う業者を選定する際には、知識と技術が豊富で事前にしっかりとした騒音測定を実施してくれる業者を選ぶといいでしょう。騒音対策に関する情報をHPで詳細に掲載している業者であれば、高い技術力を持っているものと推定されます。科学力を駆使すれば騒音の発生や侵入を最小限に食い止めることが現在では可能となっており、スタジオなど業務用の防音システムでもその最新技術が使われているのです。